アーキテクトとは

HOME > アーキテクトとは

アーキテクトとは

「アーキテクトってどんな会社?」“フツウジャナイ”って一体どういうこと?…とこのページをご覧のお客様へ

フツウジャナイ建築屋 アーキテクト

ホームページへお越しいただきましてありがとうございます。アーキテクトはお客様の幸せを本気で考えている岡崎市にある建築会社です

正直、どこの会社に頼んだら良いのかわからないですよね…?

今の時代、どこの建築会社さんでも、ある程度のことは大差なく出来てしまいます。

もちろんアーキテクトも新築・リフォーム等、住まいに関することならどんなことでも対応可能です。

今このページをご覧のあなたは、恐らくこのホームページにたどり着く前に、いろいろな会社さんのホームページをご覧になったことでしょう。
そして、どこに頼んだらいいのかわからないなぁとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

…となると、最後は何で決意するのでしょうか?

私だったら、値段か、人です。

アーキテクトは素敵なモデルハウスもなければ、広告チラシもCMもやっていません。その分の経費を抑えている分、お値打ちなリフォームが可能です。

でも、住まいづくりって、もちろん値段も大事だけれど、それだけでは決められない部分もありますよね…?

だからご紹介いたします私たちの想いを!!

01 アーキテクトの大前提:お客様が幸せになれない住まいづくりはすべきではない!

無理して高いお金を払って、素敵にリフォームをしたとして、

その後の生活が苦しくなってしまったり、
ご家族の中で納得できない方が1人でもいたり
するのであれば、
ご家族の為にその話は進めるべきではないと考えています。

なぜならばそのリフォームは、家族を幸せにはしないからです。

私たちは家族を幸せにするリフォームを行う為に、
「トイレリフォームがしたいです」「わかりました!」と話を進めるのではなく、

「なぜトイレリフォームすることになったのか」
「どんな家族構成なのか」
「5年、10年後の家族はどうなっていたいのか?」
「予算はどの位なのか?」

と、とことんヒアリングさせていただいた後、
お客様にとって1番のプランのご提案をさせていただきます。

もし、ご予算に限りがあるのでしたら、そのご予算の中でお客様のご要望をお叶え出来る方法をあらゆる角度から考えます。

もし、お客様の中で「こうしたい」という夢があるのなら、その夢がただ叶うプランを考えるのではなく、お客様に「おおっ!」と言っていただけるような素敵なプランを一緒になって考えたいと思います。

02 アーキテクトの考え方:自分の事を支えてくれる家族や既存のお客様を大切にする

私たちアーキテクトのスタッフが、
今日もこうしていろいろな現場を駆け回ることができるのも、

笑顔で見送ってくれる家族がいるから。
私たちを応援してくださる既存のお客様がいるから。

だからこそ、一時たりとも感謝の気持ちを
忘れてはいけないと思っています。

困った時のアーキテクト、はもちろん困った時の○○さん、と思ってもらえるよう努力する

会社を頼っていただくのはもはや当然のこと。

でも、会社を越えた、いち、個人のことも認めていただけるよう、
精一杯努力いたします。

その為のアフターフォローは欠かしませんよ!

もちろん押しつけがましいサービスをするのではなく、
常にお客様の目線にたったアフターフォローをさせていただきます。

例え、私たちが倒れたとしても私たちが携わった住まいは倒れることがないように!

私たちには建築に携わる者としての責任があります。

私たちが関わったお宅が、いつまでもご家族を守り続けてくれるように、
正確な工事、メンテナンスを心がけます。

お客様の大切な財産をより価値のある財産に

お客様が引き継いでこられた大切な財産
お客様が一生懸命働いて生んだ大切な資産

広い視野を持ち、お客様のご期待にお応えできるように、
大切にお仕事させていただきます。

お客様を大切にする想いは、

どこの会社にも負けない自信があります!

03 アーキテクトの人

TAKAHIRO YAMAMOTO

趣味:釣り
夢:日本一周バイクの旅

代表取締役 山本 隆義

昭和22年に父が「山本建築店」として創業したのが、アーキテクトの始まりです。当時は“ヤマケンさん”という愛称で親しまれていました。

小さな頃から父の働く姿を見て育った私が建築の道へ進む決意をしたのは、とても自然なことでした。

高校を出てから4年、大工の見習いとして働きました。
ところがバイクに目覚めた私は大工を辞め、22歳でレースの世界へ。
ダンロップのテストライダーとして3年。
そして全日本で優勝したことをきっかけにプロライダーとして31歳まで走り続けました。
そして32歳で父から誘いを受け、家業を継ぐことを決意しました。

それから大工の敷居を低くしようと名前を「アーキテクト」に変更し現在にいたります。

アーキテクトは自社に工場を構える施工のプロ集団です。
全く何もないところからお客様の思い描く夢を形にしていくこの仕事が大好きで仕方有りません。
魂のこもった家づくりを、今後もこの地で行っていきたいと思います。

代表山本の素顔

NAOMI YAMAMOTO

○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○

山本 直実

もともと建設関係の仕事に携わらせていただいており、結婚を機にアーキテクトに入社しました。

公共工事をメインに、一般のお客様の新築・リフォーム・アフターまで幅広く対応させていただいております。
女性なのに現場いくんですか?とよく驚かれますが、とにかく現場が、お客様が、大好きで仕方ない人間なんです。

街づくりから家づくり、そして人間関係づくりまで・・・(笑)
女性である以上、男性以上に頑張らねば!と思って日々尽力している次第でございます。

主婦の立場から見た機能的でかわいい、小粋な新築、リフォームを心がけ、お客様が気軽に相談に来て頂けるような会社環境づくりを行ってまいります。

昭和22年の創業以来、地域のお客様に支えていただきここまでやって来ることができました。心から感謝いたします。これからもこの三河の地で5年経っても10年経っても「アーキテクトに頼んで良かったなぁ」と言っていただけるようにアーキテクトは走り続けます。